/

ロッテ佐々木朗「制球できた」 シート打撃登板、最速149キロ

ロッテの佐々木朗が24日、沖縄県石垣市の2軍キャンプでシート打撃に今季初登板した。打者4人に計17球を投げ、最速149キロをマークして1安打で2三振を奪った。球団を通じて「自分のボールに対して打者がどのような反応をするのかを見たいと思っていた。どれだけストライクゾーンで勝負できるかも意識した」と振り返った。

シート打撃に今季初登板したロッテ・佐々木朗(24日、石垣)=球団提供・共同

1死二塁から2者連続で空振り三振に仕留めた。1死三塁では平沢に右中間三塁打を浴びたが、後続を中飛に打ち取った。19日に今季初めて打撃投手を務めて25球を投げており「フリー打撃に登板した時よりもしっかりとボールをコントロールしながら投げることができた」と手応えを語った。

練習試合を戦う1軍から離れ、沖縄県石垣市に残ってじっくり練習している。順調にいけば3月中に実戦で登板する可能性もあり「まだ高めに浮いた球もあったので、修正しながら次に生かしたい」と今後を見据えた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン