/

ポルトガルが1点守る モロッコはゴール奪えず

W杯

後半、ゴールエリア付近で厳しいマークを受けるポルトガルのロナルド(20日、モスクワのルジニキ競技場)=三村幸作撮影

サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会でポルトガル―モロッコが対戦した。ポルトガルが試合序盤の1点を守り切った。前半4分、ロナルドが右クロスに頭から飛び込んで先制。ショートコーナーからの展開で、マークを外す鋭い動きが光った。その後は守勢の時間が長かったが、GKルイパトリシオが決定的なシュートを防ぐなど集中力を切らさなかった。

モロッコは中盤のプレスが効いて高い位置でボールを奪い、右サイドを中心に速い攻撃を仕掛けた。セットプレーからも再三の好機をつくったが、ゴールを奪えなかった。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン