/

小野塚、首位で決勝へ フリースタイルスキーW杯HP

フリースタイルスキーのワールドカップ(W杯)は11日、フランスのティーニュでハーフパイプ最終戦の予選が行われ、女子でW杯種目別順位のトップにいるソチ冬季五輪銅メダリストの小野塚彩那(石打丸山ク)は87.40点で1位通過し、上位6人による12日夕(日本時間13日未明)開始予定の決勝に進んだ。

種目別順位で小野塚と並んで首位のジャニナ・クズマ(ニュージーランド)は85.60点の2位で予選を突破した。渡部由梨恵(白馬ク)は68.40点の10位、佐藤麻衣子(尾瀬ク)は52.40点の15位で落選した。

男子の日本選手は出場していない。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン