/

チーム阿部は初戦白星 カーリング混合ダブルス選手権が開幕

2018年平昌冬季五輪出場権を争う4月の世界選手権(カナダ)代表選考会を兼ねたカーリングの日本混合ダブルス選手権は1日、北海道北見市のアドヴィックス常呂カーリングホールで開幕して1次リーグが行われ、B組では4人制で五輪3度出場の小笠原歩と元五輪日本代表監督の阿部晋也が組む、日本カーリング協会推薦のチーム阿部が北海道大を11-6で破って初戦を飾った。

A組は前回優勝ペアで組むチーム札幌が白星発進した。

大会は8チームずつ2組に分かれて総当たりの1次リーグが実施され、各組上位2チームが準決勝に進出。優勝ペアが世界選手権代表となる。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン