/

20歳角田裕毅がF1ドライバー参戦 日本人では7年ぶり

自動車レースの最高峰、F1シリーズのアルファタウリは16日、来季の正ドライバーとして下部のF2で今季3勝を挙げた角田裕毅(20)を起用すると発表した。2014年の小林可夢偉以来、7年ぶりの日本人F1ドライバー参戦となる。角田は「小さな頃からの夢だった。F1の舞台でレースができることを本当にうれしく思う」とコメントした。

アルファタウリは18年からホンダのパワーユニット(PU)供給を受けている。今年9月にF1初優勝を果たしたピエール・ガスリー(フランス)とコンビを組む角田に、フランツ・トスト代表は「チームにとって大きな力になると確信している」と期待した。

角田は神奈川県出身で16年にフォーミュラカーのレースにデビュー。ホンダの育成ドライバーとして力をつけた。F2初参戦の今季は総合3位となり、昇格に必要な「スーパーライセンス」の取得条件を満たした。レッドブルにもPUを供給しているホンダは、21年限りでのF1撤退を10月に発表している。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン