/

卓球W杯団体戦、女子8強入り 男子は1勝1敗

東京五輪のテスト大会を兼ねた卓球のワールドカップ(W杯)団体戦は6日、東京体育館で開幕して1次リーグが行われ、日本の女子はB組でオーストリア、米国に2戦とも3-0で快勝し、8強入りを決めた。オーストリア戦では石川佳純(全農)平野美宇(日本生命)組のダブルス、伊藤美誠(スターツ)と平野のシングルス3試合ともストレート勝ち。米国戦は3試合目のシングルスで石川が1ゲームを与えただけで圧倒した。

女子1次リーグ 米国戦の1戦目でプレーする石川(左)、平野組(6日、東京体育館)=共同

男子は初戦でイングランドに1-3で敗れた後、第2戦はオーストリアに3-1で勝った。

イングランド戦は丹羽孝希(スヴェンソン)吉村真晴(名古屋ダイハツ)組がダブルスで勝ち星を挙げたが、シングルスで3連敗。オーストリアにはダブルスを落とした後、シングルスで張本智和(木下グループ)が2勝するなど3連勝した。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン