高校野球

高野連が代替大会の実施要項 原則無観客、感染防止指針も

2020/5/27 21:35
保存
共有
印刷
その他

日本高野連は27日、ウェブ会議による理事会を開き、今夏の第102回全国高校野球選手権大会と地方大会の中止に伴う都道府県高野連ごとの代替大会について、無観客試合を原則とすることとした。新型コロナウイルス感染防止対策ガイドラインも作成し、円陣を組む時などは密集にならないように配慮し、試合中にマウンド上で集合する際はグラブを口に当てるなどの対策法を示した。

また、日本高野連と朝日新聞社で総額1億9千万円の財政支援を行うことも発表。全高野連に一定額を一律配布し、残りは独自大会を開催する高野連の加盟校数などに応じて配分するという。

会期は8月末までの終了が原則。控え部員や保護者の入場、1回戦のみを行うあるいはトーナメントなどの試合方式やベンチ入りの人数については都道府県高野連が決める。1週間で500球の投球数制限の導入も決まった。都道府県高野連が主催の公式戦と位置づけることができる。

代替大会は沖縄などが開催を決めている一方、福岡県高野連は25日に感染リスクを完全に払拭できないことなどを理由に、開催断念を全国で初めて表明した。

日本高野連の八田英二会長は「できるだけのことはさせていただいているが、全国一律(の開催)というわけにはいかないのが、残念ながら厳しい現実だ」と話した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

高校野球 一覧

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で今夏の第102回全国高校野球選手権大会と出場権を懸けた地方大会が中止になったことを受け、都道府県高野連が独自に開催する代替大会は11日、宮城、京都、山口などで開幕し …続き (11日 21:20)

抱負を述べる履正社の関本勇輔主将(8日午後)=代表撮影・共同

 8月に甲子園球場で開催される「2020年甲子園高校野球交流試合」の組み合わせ抽選会が8日、招待32校の主将によるオンラインで実施され、全16試合の対戦カードが決まった。8月15日の第4日の第1試合は …続き (8日 19:14)

 熊本県高野連は8日、新型コロナウイルスの影響で中止となった全国高校野球選手権大会と地方大会に代わる県大会について、豪雨被害のために開催を取りやめると発表した。3つの地区大会のみ行う。
 熊本の代替大会 …続き (8日 13:02)

ハイライト・スポーツ

[PR]