スポーツ > 格闘技 > ニュース > 記事

格闘技

JBC、亀田ジム側と和解 17年度のライセンス付与

2017/7/19 22:15
保存
共有
印刷
その他

2013年12月の世界戦で混乱が生じたことなどを理由に日本ボクシングコミッション(JBC)から事実上の資格剥奪処分を受けた当時亀田ジム会長の吉井真二氏、マネジャーの嶋聡氏が処分不当としてJBC相手に資格回復の地位確認や損害賠償を求め東京地裁に起こした訴訟で、JBCは19日、和解が成立したと発表した。

両氏が損害賠償を求めないこと、JBCが両氏に2017年度の各ライセンスを付与することを確認した。JBC認可を受けてのジムとしての再活動が可能となる。

スーパーフライ級世界王座統一戦で次男亀田大毅が体重超過の相手に敗れながら王座を保持。混乱を招いたとして吉井氏らが処分され「亀田三兄弟」は国内で試合ができない状態が続いた。長男興毅と大毅は引退し、昨年10月に三男和毅(協栄)が新たに所属契約を結びライセンス発行を受けた。

吉井氏、嶋氏の代理人の北村晴男弁護士は「不当な処分と認められ、こちらの名誉回復がなされたと理解している」とコメントした。〔共同〕

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

格闘技 一覧

 全日本柔道連盟(全柔連)は27日、新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、全日本選抜体重別選手権(4月4、5日・福岡国際センター)を延期すると発表した。時期や開催場所は未定で、感染状況を考慮しなが …続き (27日 21:45)

 ALSOKは27日、柔道女子で78キロ超級の秋場麻優(環太平洋大)と70キロ級の嶺井美穂(桐蔭横浜大)が4月1日付で入社すると発表した。秋場は2018年の講道館杯全日本体重別選手権を制し、嶺井は14 …続き (27日 17:23)

 全日本柔道連盟(全柔連)は26日、東京五輪の延期決定を受け、代表選手の処遇を4月中旬の常務理事会で協議する方針を示した。同日に東京都文京区の講道館で金野潤強化委員長や日本代表の井上康生、増地克之男女 …続き (26日 21:50)

ハイライト・スポーツ

[PR]