/

張本、初戦は地元カザフ選手 卓球グランドファイナル

本番会場で練習する張本智和(13日、アスタナ)=共同

【アスタナ(カザフスタン)=共同】卓球のワールドツアー上位選手で争うグランドファイナル(14日開幕)の組み合わせ抽選が13日、アスタナで行われ、16選手が出場するシングルスで男子の14歳、張本智和(エリートアカデミー)は1回戦で地元カザフスタンのキリル・ゲラシメンコと対戦することが決まった。

張本は勝った場合、続く準々決勝で丹羽孝希(スヴェンソン)と第1シードのドミトリー・オフチャロフ(ドイツ)の勝者と当たる。

女子の1回戦では石川佳純(全農)がハン・イン(ドイツ)と、平野美宇(エリートアカデミー)は顧玉婷(中国)と対戦する。伊藤美誠(スターツ)は森さくら(日本生命)と顔を合わせる。

記者会見に出席した平野は「1回戦が今年一度も勝っていない選手なので頑張る」と話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン