プロ野球

プロ野球で日没コールド 20年ぶり、球場に照明設備なく

2019/8/28 20:41
保存
共有
印刷
その他

プロ野球で20年ぶりの珍事があった。日本ハム―西武23回戦は28日、ナイター用照明設備がない北海道釧路市の釧路市民球場でデーゲームとして行われ、八回表無死日没コールドゲームで西武が10-8と勝った。日没コールドゲームは1999年6月20日に札幌市の円山球場でのオリックス―近鉄13回戦が延長十回裏終了7-7で引き分けとなって以来となった。

断続的に雨が降る悪天候で行われ、点の取り合いで試合の進行が遅れた。西武が9-8とリードした八回に先頭打者の森友哉捕手が中越えへ本塁打を放ったが、日本ハムの中堅手の西川遥輝外野手は打球を見失った。審判団が協議し、球審を務めた森健次郎審判員がマイクで「本試合を日没コールドゲームと致します」と説明した。試合時間は3時間20分で午後4時21分に終了した。

日本ハムに日没コールドゲームで勝利し、薄暗いベンチを引き揚げる西武ナイン(28日、北海道釧路市の釧路市民球場)=共同

日本ハムに日没コールドゲームで勝利し、薄暗いベンチを引き揚げる西武ナイン(28日、北海道釧路市の釧路市民球場)=共同

西川は「球が速く見えた。守備より打席の方が(球が)見えないように感じた」と振り返り、森審判員は「限界と判断した。初めての経験で判断が難しかった。ファンも楽しみにしており、できるなら最後までやりたかった」と話した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

 DeNAは18日、ソト内野手(30)、ロペス内野手(35)、エスコバー投手(27)、パットン投手(31)の外国人4選手と来季の契約を結ぶと発表した。2年連続本塁打王に輝いたソトは、2年契約の2年目を …続き (16:48)

 野球の国際大会「第2回プレミア12」で初優勝を飾った日本代表の稲葉篤紀監督は18日、歓喜から一夜明け「選手に優勝を経験させられた。いい形で終われた。ほっとした」と実感を込めて振り返った。
 1次ラウン …続き (15:28)

米大リーグ挑戦についての記者会見を終え、ポーズをとる巨人の山口俊投手(中央)。左は原監督、右は今村球団社長(18日午後、東京都内のホテル)=共同

 巨人の山口俊投手(32)が18日、今オフにポスティングシステムを利用して米大リーグに挑戦すると表明した。巨人が同制度での移籍を認めるのは初めて。山口は東京都内のホテルで記者会見を行い「新たな挑戦に向 …続き (14:55)

ハイライト・スポーツ

[PR]