スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

玉ノ井部屋の番付据え置き コロナ集団感染、異例判断

2020/9/30 19:16
保存
共有
印刷
その他

日本相撲協会の伊勢ケ浜審判部長(元横綱旭富士)は30日、東京・両国国技館で開いた大相撲11月場所(11月8日初日・両国国技館)の番付編成会議で、新型コロナウイルスの集団感染により、秋場所を全休した玉ノ井部屋の力士28人について、番付を据え置く異例の判断をしたことを明らかにした。報道陣の電話取材に答えた。

伊勢ケ浜部長は「休みたくて休んだわけではない。今回はコロナがあったので」と説明した。インフルエンザによる休場は番付に影響するが「インフルエンザは薬もあるし、予防接種も受けられる」と話した。

玉ノ井部屋の力士は秋場所前に十両富士東ら19人、場所中に5人の感染が発表された。審判委員を務める師匠の玉ノ井親方(元大関栃東)も秋場所を全休した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

大相撲のコラム

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

 大相撲11月場所(11月8日初日・両国国技館)で、2005年春場所以来15年ぶりに十両に転落した元大関の琴奨菊が30日、電話取材に応じ「正直悔しい。まだまだ力を出していないぞと。勝てば(幕内に)上が …続き (30日 17:24)

 日本相撲協会は29日、東京都墨田区の両国国技館で臨時理事会を開き、来年3月の春場所を予定通り大阪市のエディオンアリーナ大阪で開催する方針を確認した。新型コロナウイルス対策のため今年7月の名古屋場所と …続き (29日 19:34)

幕下力士らと稽古する正代(29日、東京都墨田区の時津風部屋)=日本相撲協会提供・共同

 大相撲の新大関正代は29日、東京都墨田区の時津風部屋で幕下力士と約10番取った。稽古後に報道陣の電話取材に応じ、前日から相撲を取る稽古を再開したといい「(感覚を)だいぶつかめている気はする。踏み込み …続き (29日 17:05)

ハイライト・スポーツ

[PR]