/

照ノ富士が反則で初黒星 夏場所11日目、貴景勝ら2敗守る

大相撲夏場所11日目(19日・両国国技館)単独トップの大関照ノ富士は妙義龍のまげをつかんで反則負けとなり、初黒星を喫した。大関貴景勝は関脇高安を力強く送り出し、千代大龍を押し出した平幕の遠藤とともに2敗を守った。

照ノ富士(上)は妙義龍のまげをつかんで反則負けとなる(19日、両国国技館)=共同

他の大関陣は、朝乃山が関脇隆の勝をすくい投げで仕留め、7勝4敗。かど番の正代は阿武咲を押し出し、連敗を3で止めて6勝5敗とした。

1敗の照ノ富士を1差で貴景勝と遠藤が追い、3敗に逸ノ城、隠岐の海が続いた。十両は千代ノ皇が2敗をキープし、単独首位に立った。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン