/

中日・松坂、右肘炎症で検査 2軍で調整中

中日の松坂大輔投手(38)が右肘の炎症のため検査を受けていたことが21日、分かった。中日の加藤宏幸球団代表は、重症ではないが炎症を起こしていたといい「静養期間は分からないが、大きなダメージではない」と説明した。

今季の松坂はキャンプ中に右肩を痛めて出遅れ、2軍での調整を強いられた。7月に今季初めて1軍に昇格した。16日の阪神戦は5回2失点。27日のDeNA戦は8失点で一回途中で降板し、敗戦投手となった。その後は2軍で練習していた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン