プロ野球

12球団が共同声明「球界浄化に全力」 野球賭博など受け

2016/3/23 21:28
保存
共有
印刷
その他

プロ野球で野球賭博問題やチームの勝敗に絡む現金授受が相次いで判明したことを受け、12球団は23日、東京都内で代表者会議を開き、「球界の浄化に全力で取り組み、ファンの皆さまの信頼回復に最善の努力を尽くします」などとする共同声明を発表した。25日の公式戦開幕を前に、球界全体で再発防止に取り組む姿勢をアピールした。

野球賭博や試合の勝敗に絡んだ現金授受について、新たな事案は報告されなかった。パ・リーグの理事長を務める西武の関洋二球団専務は、熊崎勝彦コミッショナーから指示を受けた野球賭博問題に関する各球団の再調査について「一定の区切りと考えている」と話した。

高木京介元選手が22日に1年間の失格処分を受けるなど、野球賭博問題で昨年から計4人の処分者を出した巨人は、共同声明を受け「各方面に多大なご迷惑をお掛けし、あらためて深くおわび申し上げます」とのコメントを発表した。

野球賭博の問題をきっかけに、試合前の円陣で「声出し」と呼ばれる発声をした選手が自チームの勝敗に絡んで他選手と現金をやりとりしたり、高校野球を対象にした選手間での賭けや、優勝校を当てる「くじ引き」をしたりしていたことが各球団で相次いで発覚した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

五回、捕手甲斐が同点を狙う三走李政厚をタッチアウト=共同

 坂本勇から始まった三回の日本の攻撃は、バットに当たれば安打となった。吉田正までの5連打に、押し出し四球や犠飛を絡めて堅実に得点を重ねていく。一挙6点勝ち越しの一方的な展開は、しかし長くは続かず、直後 …続き (16日 23:59)

韓国戦の5回、適時二塁打を放つ山田哲(16日、東京ドーム)=共同

 野球の東京五輪予選を兼ねる国際大会「第2回プレミア12」は16日、東京ドームで2次ラウンド最終日の2試合が行われ、日本(1次ラウンドB組1位)は韓国(C組1位)を10―8で下し、4勝1敗の1位で2次 …続き (16日 23:37)

メキシコ戦の5回、3点二塁打を放つ韓国・金賢洙(15日、東京ドーム)=共同

 野球の東京五輪予選を兼ねる国際大会「プレミア12」は15日、東京ドームで2次ラウンドの2試合が行われ、韓国(1次ラウンドC組1位)がメキシコ(A組1位)を7―3で破ったことにより、3勝1敗の日本(B …続き (15日 22:55)

ハイライト・スポーツ

[PR]