/

渡名喜オール一本勝ち 柔道GSカザン大会、阿部詩もV

柔道のグランドスラム(GS)カザン大会第1日は5日、ロシアのカザンで男女計5階級が行われ、女子はともに東京五輪代表で52キロ級の阿部詩(日体大)、48キロ級の渡名喜風南(パーク24)が優勝した。五輪の日本勢にとって本番前で最後の実戦機会。

阿部は初戦の2回戦でベルギー選手に指導3の反則勝ち。準々決勝、準決勝に続き、アストリド・ニェト(フランス)との決勝でいずれも一本勝ちした。3月のGSタシケント大会に続く優勝を果たした。

渡名喜は4試合全て一本勝ち。決勝はイリーナ・ドルゴワ(ロシア)に抑え込みで完勝した。2位だった1月のマスターズ大会以来の出場。日本男子は出ていない。

兵庫県出身で山梨学院大3年、女子57キロ級の金知秀(韓国)は3位決定戦で敗れて5位だった。〔共同〕

Tokyo Olympic and Paralympic 特設サイトはこちら

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン