プロ野球

日本ハム清宮がプロ初安打 交流試合で先発、本拠地デビュー

2018/2/28 21:25
保存
共有
印刷
その他

台湾プロ野球ラミゴとの交流試合で本拠地初出場を果たし、第1打席の2回、フェンス直撃の右中間二塁打を放つ日本ハムの清宮幸太郎内野手。プロ初安打を記録した(28日、札幌市の札幌ドーム)=共同

台湾プロ野球ラミゴとの交流試合で本拠地初出場を果たし、第1打席の2回、フェンス直撃の右中間二塁打を放つ日本ハムの清宮幸太郎内野手。プロ初安打を記録した(28日、札幌市の札幌ドーム)=共同

プロ野球日本ハムのドラフト1位新人、清宮幸太郎内野手(18)=東京・早稲田実業高=が28日、札幌市の札幌ドームで行われた台湾プロ野球ラミゴとの交流試合に「7番・一塁」で本拠地初出場を果たし、二回に右中間二塁打を放ってプロ入り後、実戦初安打をマークした。その後は死球、空振り三振で、七回の守備から交代して2打数1安打だった。チームは6-4で勝った。

チームの本拠地での今季初戦。先発メンバー紹介で清宮内野手の名前がコールされると、ひときわ大きな歓声と拍手が湧き起こった。二回2死無走者での第1打席に、左投手の内角高めの速球を思い切りよく振り抜くと、打球は右中間フェンスを直撃した。「幸先よいスタートを切れた。これからもここでもっともっと打ちたい」と話した。

1月の新人合同トレーニング中に右手親指を負傷して調整が遅れた。ここまでオープン戦2試合に出場したが、ともに途中出場でこの日がプロ初の先発出場だった。注目度は高く、平日のナイターに約1万6千人の観衆が詰めかけた。「結果を出すことが大事な時期になる。そこにこだわってやりたい」と意気込んだ。〔共同〕

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、プロ野球の東北楽天ゴールデンイーグルスは30日から、チームとしての活動を休止した。1軍・2軍の選手や監督、コーチ、チームスタッフが対象で、球団は不要不急の外出も控 …続き (16:53)

西武・松坂大輔投手=共同

 西武は松坂大輔投手が右膝のコンディションを上げるために28日に注射を打ち、数日間は全体練習とは別のメニューで調整すると発表した。30日、メットライフドームで行われた練習ではグラウンドに姿を見せなかっ …続き (15:47)

チーム活動の一時休止が決まったソフトバンクの工藤監督(30日、ペイペイドーム)=共同

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、ソフトバンクは30日、チームの活動を31日から一時休止すると発表した。28日から休止しているロッテは31日から再開する予定だったが、4月5日まで延長することを決め …続き (15:46)

ハイライト・スポーツ

[PR]