/

相撲協会、白鵬をけん責処分 三本締め「伝統損なう」

日本相撲協会は24日、東京都内のホテルで臨時理事会を開き、春場所千秋楽(3月24日)の優勝インタビューの最後に観客とともに三本締めを行った横綱白鵬関(34)=本名ムンフバト・ダバジャルガル、モンゴル出身、宮城野部屋=をけん責処分とした。懲戒で最も軽い。コンプライアンス規定の違反行為にある「相撲道の伝統と秩序を損なう行為」と判断した。

横綱白鵬関=共同

師匠の宮城野親方(元幕内竹葉山)は指導を再三怠ったとして、白鵬関より重い報酬減額(3カ月、10%)となった。

調査をしたコンプライアンス委員会からの処分意見に基づき決めた。白鵬関は本場所終了を意味する神送りの儀式の前に手締めをし、横綱審議委員会と評議員会から注意するよう要請があった。

白鵬関は元横綱日馬富士の傷害事件が発覚した2017年九州場所の千秋楽で観客に万歳三唱を促すなどして、厳重注意を受けたことがある。芝田山広報部長(元横綱大乃国)によると、白鵬関はコンプライアンス委のこれまでの聞き取りに「お客さんを喜ばせたいと思ってやった。万歳は駄目だが、三本締めはいいかと思っていた」と釈明。24日に処分を通達された白鵬関は取材に応じず、理事会の会場を後にした。

八角理事長(元横綱北勝海)は「伝統と秩序、礼節と様式美を、横綱だからこそ率先して守ってほしいと白鵬に伝えた」とのコメントを出し、協会全体で指導や教育を徹底していくとした。

白鵬関は元日馬富士の傷害事件の際、同席しながら暴行を止められなかったとして報酬減額処分を受けたこともある。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン