/

広島、水戸を退ける 土砂災害で延期の天皇杯3回戦

サッカーの天皇杯全日本選手権(日本サッカー協会、Jリーグ主催、共同通信社、NHK共催)第8日は27日、広島市の土砂災害の影響で20日から延期となった3回戦残り1試合がエディオンスタジアム広島で行われ、前回大会準優勝のJ1広島がJ2水戸を1-0で下して16強入りした。

広島は前半に佐藤が先制点を奪い、その後も優勢に試合を進めた。

Jリーグ勢が占めたベスト16による4回戦は9月7、10日に行われる。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン