/

巨人・小林、現状維持の1億円で更改 炭谷は1億5000万円

巨人の小林誠司捕手が9日、東京・大手町の球団事務所で契約更改交渉に臨み、現状維持の年俸1億円でサインした。今季は2度の骨折や不振に苦しみ、7年目で最少の10試合の出場にとどまったが、昨オフに複数年契約を結んでいた。「今まで経験がないくらいの悔しさだった。心身を鍛え直す」と巻き返しを誓った。

炭谷銀仁朗捕手は現状維持の1億5千万円で更改。3年契約の3年目となる来季に向け「初心に帰る。体をしっかりつくる」と意気込んだ。

増田大輝内野手は700万円増の2200万円でサインした。主に代走でリーグ2位の23盗塁をマークし、8月6日の阪神戦では大量リードされた八回に投手も務めた。「チームで唯一無二の存在になりたい」と話した。(金額は推定)〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン