/

全国都道府県駅伝、男女とも中止へ 感染対策取りづらく

日本陸上競技連盟は9日、新型コロナウイルスの影響で、来年の全国都道府県対抗女子駅伝(1月17日・京都)、同男子駅伝(1月24日・広島)について中止の方針を発表した。女子は1983年、男子は96年に始まり、中止されれば初めて。

男女とも、中学生から社会人までの混合チームで争われる。開催できない理由について同連盟は、異なる所属先から選手や関係者が集まるため感染リスクが高まり対策を取りにくいことや、感染者が出た場合の影響の大きさを挙げた。

オンラインで取材に応じた尾県貢専務理事は「コロナ感染(防止)の観点から言うと、諦めざるを得ない。合宿や選手選考で秋から活動が始まるので、今決定をしないと人が動く」と説明した。

他には10月の出雲全日本大学選抜駅伝、12月の全国中学校駅伝が中止になった。12月に京都市で開催予定の全国高校駅伝に関し、尾県専務理事は「現時点では開催の方向で準備を進めている」と述べた。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスによる肺炎が中国から世界に拡大しています。関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン