/

FIS、ジャンプ混合団体など提案 平昌五輪新種目に

【ロンドン=共同】国際スキー連盟(FIS)が2018年平昌冬季五輪の新種目として、ジャンプ混合団体など複数種目を国際オリンピック委員会(IOC)に正式に提案したことが1日、関係者への取材で分かった。昨年2月のソチ五輪で初めて行われたジャンプ女子の成功を受けたもの。早ければ6月のIOC理事会で審議される。

ジャンプ混合団体は今年の世界選手権でも実施され、高梨沙羅(クラレ)、葛西紀明(土屋ホーム)らで臨んだ日本が銅メダルを獲得した。FISはアルペンの混合団体、複合の団体スプリント、スノーボードクロスの団体、1回の大きなジャンプで技を競うフリースタイルスキーとスノーボードのビッグエア、ジャンプの着地と同様の姿勢でターンする「テレマークスキー」のパラレルスプリントなども提案した。

IOCはソチ五輪で新たに12種目を採用し、7競技で98種目が実施された。飽和状態の夏季大会に比べ、冬季大会は日程に余裕もある。FISのカスパー会長は「五輪改革でIOCは混合種目を歓迎している。若者やテレビ視聴者を意識したビッグエアなどの新種目も有力だ」との見解を示した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン