/

フィギュア羽生「誰かの中に残る演技を」 国別対抗15日開幕

フィギュアスケートの世界国別対抗戦は15日に丸善インテックアリーナ大阪で開幕する。2大会ぶり3度目の優勝を目指す日本やロシア、米国、カナダ、イタリア、フランスの6カ国で争われ、14日の公式練習で男子の羽生結弦(ANA)や宇野昌磨、女子の紀平梨花(ともにトヨタ自動車)ら日本勢が調整した。

公式練習で調整する羽生結弦(14日、丸善インテックアリーナ大阪)=共同

羽生は3種類の4回転ジャンプに成功するまずまずの出来。新型コロナウイルスの感染再拡大を踏まえ「1秒にも満たない瞬間でいいので、何かしら誰かの中に残る演技をすべきだなと思って、ここにいる」と滑る意義を語った。宇野はフリーでトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)―4回転トーループに挑む考えを示した。

フリーを昨季の演目に戻した紀平は腰痛で4回転サルコーを回避する意向。坂本花織(シスメックス)は入念に3回転ルッツを確認した。

15日に男女ショートプログラム(SP)などを実施する。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン