/

五輪の卓球台、「T」モチーフに デザイン発表

国際卓球連盟(ITTF)は6日、東京五輪・パラリンピックで使用される卓球台のデザインを発表した。日本メーカーの「三英」が作製し、東京と卓球(TableTennis)の頭文字「T」をモチーフにしたデザインで、「MOTIF(モティーフ)」と名付けられた。

東日本大震災からの復興への願いを込め、脚部には岩手県岩泉町の高品質なウダイカンバ材を使用。日本の林業の加工技術を生かした流線形の造形に、伝統の輪島塗を施した落ち着いたたたずまいで「日本のものづくりの結晶」をコンセプトとしている。

リオ大会後に同社製の卓球台を使用するとの認定を受け、デザインや安定性などを改良。同社は「車いすの選手にも使いやすいように工夫した」としている。

前回に引き続きデザインを手掛けた澄川伸一氏は「極力シンプルな中に日本の美意識を感じさせるデザインを目指した」とコメント。三浦慎社長は同社のホームページ上で「東京五輪で選手がもう一歩高みを目指す動機になってくれれば」と思いを語った。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン