その他スポーツ

鹿児島国体、6月に開催可否判断へ コロナ影響で

2020/5/13 21:05
保存
共有
印刷
その他

鹿児島県で10月に予定される第75回国民体育大会に関し、主催者の県や日本スポーツ協会が新型コロナウイルスの感染状況を踏まえ、6月中に開催可否を判断する方針であることが13日、分かった。日本スポ協は各都道府県協会や競技団体に6月判断の通知を出した。

鹿児島県の三反園訓知事は「6月上旬をめどに方針を決定するよう努力したい。関係者の皆さまと一体となって準備を進めてきたことや、県民の期待が非常に高いことも踏まえ、対応したい」とコメントを出した。

三反園知事は15日に日本スポーツ協会の伊藤雅俊会長らとオンラインで会談。週明けにはスポーツ庁の鈴木大地長官とも会談する方向で調整している。

日本スポ協によると、政府の緊急事態宣言などを受け、国体は約6割の競技の予選会が中止や延期になっているという。

今年の国体は10月3~13日、全国障害者スポーツ大会は同24~26日に予定されている。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

その他スポーツ 一覧

 テニスの全仏オープン(27日開幕)のシングルス予選が23日、パリで行われ、女子1回戦で内藤祐希(亀田製菓)がアマンディーヌ・エス(フランス)を5―7、6―4、6―2で下し、2回戦に進んだ。
 男子の日 …続き (0:14)

高橋礼華さん(右)が村井知事(左)を表敬訪問した(23日、宮城県庁)

 バドミントン女子ダブルス金メダリストで現役を引退した高橋礼華さんが23日、中高生時代を過ごした宮城県を訪れ、村井嘉浩知事に引退を報告した。村井知事は「新たなステージに向かって活躍してもらいたい」とね …続き (23日 18:07)

記者会見する別府大分毎日マラソンの主催者ら(23日、大分県庁)=共同

 別府大分毎日マラソンの主催者は23日、来年2月7日に開催予定だった大会を、新型コロナウイルスの影響で2022年2月6日に延期すると発表した。1952年に始まった大会で、開催延期は初めて。

 9月10日 …続き (23日 16:15)

ハイライト・スポーツ

[PR]