/

バレーボール、新リーグはチーム増で 18年開幕目指す

日本バレーボールリーグ機構(Vリーグ機構)は31日、2018年秋の開幕を目指す新リーグ「スーパーリーグ」構想について発表した。1部は男子10チーム、女子12チームで、現在のプレミアリーグの男女各8チームから増える。女子は東西6チームずつのカンファレンス制を採用する。

これまでVリーグ機構と各都道府県協会が持っていた開催権は本拠地チームに譲渡される。一定数のホームゲーム開催を義務化することで、地域密着につなげる狙いがある。試合数は最多で従来の30試合から男子は36試合、女子は32試合に増える。

参加チームについては、新たに導入されるライセンス制度に基づいて決められる。ライセンス取得条件には成績面も含まれる。17年度のリーグ戦が終了する18年3月には各カテゴリーの参加チームが確定する見通し。

記者会見したVリーグ機構の嶋岡健治会長は「世界につながるリーグにし、バレーボールを日本のトップアリーナスポーツにする。この二つを軸に展開していく」と目標を口にした。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン