/

西武・金子、1億2600万円で更改 けがで離脱「申し訳ない」

西武の金子侑司外野手が9日、埼玉県所沢市の球団事務所で契約交渉に臨み、600万円増の年俸1億2600万円で更改した。年俸変動制の4年契約を結んでおり、来季が2年目。今季は首痛による離脱があって86試合の出場にとどまり「開幕してすぐにけがをしてしまい、申し訳なかった」と振り返った。

昨季は41盗塁で盗塁王に輝いたが、今季は積極性を欠き、14盗塁に終わった。「失敗したくないと思ってしまい、勇気が足りなかった」と分析。既にスライディングの技術向上や、よりスピードの出る走り方の習得に励んでおり「自分が納得できる盗塁を一個でも増やしたい」と話した。(金額は推定)〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン