/

勝ち馬から禁止薬物検出 JRA、失格処分に

日本中央競馬会(JRA)は11日、東京競馬場で7日に行われた第4レース(未勝利戦)で1着となったソーヴァリアント(2歳牡馬、大竹正博厩舎)の検体から禁止薬物のカフェインが検出されたと発表した。

競馬法違反の疑いがあるため、JRAは府中署に届け出るとともに、原因の調査を依頼した。同馬は失格となり、8日から16日までの出走が停止された。また、このレースでの2着以下の順位は繰り上がったが、勝馬投票券に影響はない。

JRAでは昨年、禁止薬物を含む飼料を摂取した可能性がある競走馬156頭が競走除外となったが、禁止薬物検出での失格は6年ぶり。

JRAの福田正二理事(審判担当)は「ご心配とご迷惑をお掛けしますことを、心よりおわび申し上げます。今後は早期の原因究明と再発防止に万全を尽くし、競馬の公正確保に努めてまいります」とコメントした。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン