高校野球

センバツ代表校の交流試合、開会式は初日の2校で実施

2020/7/1 19:28
保存
共有
印刷
その他

日本高野連は1日、大阪市で業務運営委員会を開き、「2020年甲子園高校野球交流試合」の開会式を、8月10日の大会第1日の第1試合に出場する2校で行うことを決めた。

大会は8月10~12日、15~17日の計6日間で開催。1日3試合以内とし、開始時間は第1試合が午前10時、第2試合が午後0時40分、第3試合が午後3時20分に決まった。オンラインによる組み合わせ抽選会は7月8日午後5時から行う。

交流試合は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止になった今春の第92回選抜大会の出場校に選ばれていた32校を兵庫県西宮市の甲子園球場に招待し、各校が1試合ずつ行う。6月30日までに招待校の参加可否の確認を終え、全校の参加が確定した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

高校野球 一覧

 高校野球の今夏の甲子園大会、地方大会の中止を受けて都道府県高野連が独自に開催する代替試合は5日、各地で行われ、徳島の決勝は鳴門が徳島商に7―6で競り勝って優勝した。〔共同〕 …続き (5日 17:45)

 高校野球の今夏の甲子園大会、地方大会の中止を受けて都道府県高野連が独自に開催する代替試合は4日、各地で行われ、島根の決勝は益田東が立正大淞南を10―5で下して優勝した。
 佐賀の決勝では龍谷が延長戦の …続き (4日 19:37)

 高校野球の今夏の甲子園大会、地方大会の中止を受けて都道府県高野連が独自に開催する代替試合は3日、各地で行われ、福井の決勝では敦賀気比が福井工大福井を8―1で破って優勝した。〔共同〕 …続き (3日 23:06)

ハイライト・スポーツ

[PR]