スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

名古屋場所の新弟子受検者ゼロ 相撲協会、検査中止

2018/6/27 20:14
保存
共有
印刷
その他

日本相撲協会は27日、大相撲名古屋場所(7月8日初日・ドルフィンズアリーナ)の新弟子検査の申し込みを26日に締め切ったが、応募者は一人もなく、7月2日に予定していた検査を中止すると発表した。協会広報部によると、各場所前に行われる新弟子検査の受検者ゼロは2007年の名古屋場所以来で2度目。

名古屋場所は例年、受検者が少なく、年6場所制となった1958年以降、最多は63年の49人。受検者2桁は86年が最後と低迷が続いている。

また元横綱日馬富士による傷害事件など、角界の不祥事の影響も今後懸念される。出羽海名古屋場所担当部長(元幕内小城ノ花)は「この時期はなかなか難しく、タイミングもあるが残念」と話した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

 日本相撲協会は6日、新型コロナウイルスの感染歴を調べる抗体検査で、力士や親方ら協会員約900人のうち5人に抗体が見つかったと発表した。報道陣の電話取材に応じた芝田山広報部長(元横綱大乃国)は現時点で …続き (6日 20:41)

オンライン記者会見に臨む朝乃山

 無観客開催となる見込みの大相撲7月場所(19日初日・両国国技館)まで2週間を切った6日、新大関朝乃山がオンラインでの記者会見で意欲を語った。新型コロナウイルスの影響で夏場所が中止となり、今場所は名古 …続き (6日 19:29)

関取との稽古を再開した正代(手前右)。手前左は豊山(25日、東京都墨田区の時津風部屋)=共同

 大相撲の関脇正代が25日、報道陣の代表質問に電話で応じ、7月場所(7月19日初日・両国国技館)に向けて関取との稽古を再開したと明らかにした。東京都墨田区の時津風部屋で幕内豊山と10番ほど取り「一日の …続き (25日 18:06)

ハイライト・スポーツ

[PR]