/

柔道・阿部詩「一番輝きたい」 初の五輪、兄と金に意欲

柔道の東京五輪女子52キロ級日本代表で金メダルが期待される阿部詩(日体大)が16日、オンラインで報道陣の取材に応じ「攻めて攻めて一本を取りにいく阿部詩の柔道を見せ、一番輝きたい」と初の大舞台への意気込みを語った。

試合日は男子66キロ級代表で兄の阿部一二三(パーク24)と同じ7月25日。兄妹同日金メダルがなるかに大きな注目が集まり「2人で覚悟を持って試合に挑む」と意欲をみなぎらせた。

7月14日で21歳になる阿部詩は、2018年から世界選手権2連覇。今年は3月と5月のグランドスラム大会を制した。仕上がりは順調な一方、海外勢から徹底的に研究されていることも実感し「真っ向勝負で挑んでくる相手は少ない。対応できる準備をしなければ」と気を引き締めた。

過去に五輪で闘った先輩選手や指導者の体験を耳にし、他の国際大会とは比べものにならない緊張感を覚悟したという。「淡々と普段のようにやった人が勝ったと聞いた。特別な舞台だが、いつも通りに闘うことが一番大切」と勝利への鍵を挙げた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン