/

桐生・小池が100メートル代表に 世界陸上27日開幕

日本陸連は11日、ドーハで27日に開幕する世界選手権代表を追加発表し、男子100メートルは桐生祥秀(日本生命)と小池祐貴(住友電工)が、既に決まっていたサニブラウン・ハキーム(米フロリダ大)に加えて名を連ねた。同200メートルは小池、山下潤(筑波大)、白石黄良々(セレスポ)で、出場権を持つサニブラウンは回避した。

今夏に日本記録を樹立した男子走り幅跳びの城山正太郎(ゼンリン)、女子100メートル障害の寺田明日香(パソナグループ)も代表入り。男子は棒高跳びの山本聖途(トヨタ自動車)、沢野大地(富士通)ら、女子は1万メートルの新谷仁美(ナイキTOKYOTC)らが加わった。男子3000メートル障害の塩尻和也(富士通)は右膝故障で辞退した。

男子の400メートルリレー要員にはケンブリッジ飛鳥(ナイキ)と多田修平(住友電工)が入り、山県亮太(セイコー)は外れた。飯塚翔太(ミズノ)は1600メートルリレーで選出された。

日本選手権覇者で参加標準記録を満たした男子110メートル障害の高山峻野(ゼンリン)や同走り高跳びの戸辺直人(JAL)、女子やり投げの北口榛花(日大)らは7月に発表されていた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン