2019年4月26日(金)
スポーツ > 格闘技 > ニュース > 記事

格闘技

テコンドー浜田、世界選手権連覇へ 「気負わず戦う」

2017/6/28 19:46
保存
共有
印刷
その他

【茂朱(韓国)=共同】韓国の茂朱で行われているテコンドーの世界選手権で、大会2連覇を狙う女子57キロ級の浜田真由(ミキハウス)が29日に登場する。28日は宿舎近くで守りの動きを重点的に確認し「一戦一戦、気負わず戦う」と穏やかに話した。

世界選手権に向けた練習を終え、リラックスするテコンドー女子57キロ級の浜田真由(28日、韓国・茂朱)=共同

世界選手権に向けた練習を終え、リラックスするテコンドー女子57キロ級の浜田真由(28日、韓国・茂朱)=共同

身長174センチで23歳の浜田は長い脚を生かした蹴りが武器だ。2013年世界選手権で銀メダルを獲得し、前回は抜群の集中力で頂点に駆け上がった。日本勢が五輪や世界選手権を制するのは初の快挙で、一躍脚光を浴びた。

金メダルを期待された昨年のリオデジャネイロ五輪は2回戦で早々と敗れ「あまりにも悔しくて、落ち込んだ」と明かす。ただ最大の目標は20年東京五輪での金メダルと自分に言い聞かせ「時間に任せて自然と回復するのを待った」と振り返る。焦らずに心が癒えるのを待ち、約2カ月後から競技への意欲を取り戻して鍛錬を積んだ。

再び優勝を狙う今大会は、兄の康弘、弟の一誓(ともに全日本協会)も代表になった。康弘は既に敗退しており「負けちゃったお兄ちゃんの分も頑張る。早く試合がしたい」と目を輝かせた。

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

格闘技 一覧

女子68キロ級決勝 周鳳(右)と対戦する土性沙羅(25日、西安)=共同

 【西安=共同】レスリングのアジア選手権第3日は25日、中国の西安で女子5階級が行われ、68キロ級で2016年リオデジャネイロ五輪69キロ級金メダルの土性沙羅(東新住建)が決勝で昨年のジャカルタ・アジ …続き (25日 22:42)

再戦に向けた記者会見後に、撮影に応じる前WBAミドル級王者の村田諒太(左)と現王者のロブ・ブラント(25日、東京都千代田区)=共同

 世界ボクシング協会(WBA)ミドル級前王者の村田諒太(帝拳)が7月12日にエディオンアリーナ大阪で現王者ロブ・ブラント(米国)に挑戦することが25日、発表された。村田は昨年10月にラスベガスでブラン …続き (25日 17:58)

最重量級を背負う存在感を取り戻しつつある

 2016年リオデジャネイロ五輪の柔道100キロ超級銀メダリスト、原沢久喜(26、百五銀行)がはい上がってきた。リオ後の不振、心身の疲労による病。坂道を転がる日々に耐えた柔道家は今、最重量級を背負う存 …続き (25日 17:43)

ハイライト・スポーツ

[PR]