2019年1月24日(木)

その他スポーツ

渡部、鈴木が女子100平でリオ代表 競泳日本選手権

2016/4/6 20:56
保存
共有
印刷
その他

競泳・日本選手権の女子100メートル平泳ぎの表彰式で、笑顔を見せる優勝した渡部香生子(中)と2位の鈴木聡美(左)。ともに五輪出場を決めた(6日午後、東京辰巳国際水泳場)=写真 柏原敬樹

競泳・日本選手権の女子100メートル平泳ぎの表彰式で、笑顔を見せる優勝した渡部香生子(中)と2位の鈴木聡美(左)。ともに五輪出場を決めた(6日午後、東京辰巳国際水泳場)=写真 柏原敬樹

競泳のリオデジャネイロ五輪代表選考会を兼ねた日本選手権第3日は6日、東京辰巳国際水泳場で行われ、女子100メートル平泳ぎは渡部香生子(JSS立石)が1分6秒57で優勝し、0秒15差の2位に入った鈴木聡美(ミキハウス)とともに派遣標準記録を突破して五輪代表に決まった。渡部は200メートル平泳ぎでも代表入りしている。

男子は200メートル自由形を萩野公介(東洋大)が派遣標準を切る1分45秒50で制し、400メートル個人メドレーに続く代表入り。100メートル背泳ぎは入江陵介(イトマン東進)が53秒26で勝ち、2位の長谷川純矢(ミキハウス)とともに代表に決まった。女子200メートル自由形は池江璃花子(ルネサンス亀戸)が1分57秒39の高校新記録で制したが、派遣標準を切れなかった。

200メートル自由形で男子の萩野、松田丈志(セガサミー)江原騎士(自衛隊)小堀勇気(ミズノ)、女子の池江、五十嵐千尋(日体大)持田早智(ルネサンス幕張)青木智美(アリーナつきみ野SC)の各上位4選手は800メートルリレーの選考基準をクリアし、代表となった。〔共同〕

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

その他スポーツ 一覧

 バスケットボール男子のBリーグ1部(B1)は23日、千葉ポートアリーナなどで9試合が行われ、東地区首位の千葉は同3位のA東京を81―79で下し、10連勝で28勝5敗とした。
 中地区トップの新潟は同3 …続き (23日 22:37)

大迫傑(左)、中村匠吾=共同

 東京マラソン(3月3日)の出場選手が23日に発表され、男子の日本勢は昨年10月のシカゴで2時間5分50秒の日本記録を樹立した大迫傑(ナイキ)や、ベルリン4位の中村匠吾(富士通)が招待された。
 佐藤悠 …続き (23日 19:31)

ウサイン・ボルト氏=共同

 陸上男子100メートル、200メートルの世界記録保持者で2017年に陸上競技から引退した元スーパースターのウサイン・ボルト氏が、長年の夢だったプロサッカー選手への転向を事実上断念したことを明らかにし …続き (23日 16:57)

ハイライト・スポーツ

[PR]