スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

白鵬「ようやく一歩」 7月場所へぶつかり稽古再開

2020/6/17 20:44
保存
共有
印刷
その他

大相撲の白鵬、鶴竜の両横綱が17日、7月場所(7月19日初日・両国国技館)へ向け、ぶつかり稽古を再開したことを明らかにした。報道陣の質問に日本相撲協会広報部を通じて回答し、12日から行っているという白鵬は「ようやく一歩進んだ。正直うれしいし、ほっとした気持ちもある」と充実感をにじませた。

新型コロナウイルスの影響により、接触のある稽古は相撲協会から自粛要請が出ているものの、各師匠の判断に委ねられている。歴代最多44度の優勝を誇る白鵬は、7月に入ってから申し合いも始めてペースアップする予定だ。「今どういう状態というのは難しいが、体の重さはある。焦らずにいきたい」と自らに言い聞かせた。

夏場所を中止した相撲協会は、7月場所を無観客で開催することを目指している。プロ野球やサッカーJリーグの実施が近づいており、第一人者は「大相撲は日本の伝統文化として神事がたくさん含まれているから、早く再開されることを望んでいる」と語った。

鶴竜は13日からぶつかり稽古を再開し「久しぶり。これから徐々に感覚を戻していく」と慎重な姿勢。今後はじっくりと体づくりに励み、場所に向けて仕上げていく見通しで「常にいい準備をしておく。皆さんに喜んでもらえるような相撲を取りたい」と力を込めた。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

大相撲のコラム

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

 日本相撲協会は7日、松ケ根親方(46)=元幕内玉力道、本名安本栄来、東京都出身、二所ノ関部屋=が新型コロナウイルスに感染したと発表した。新弟子スカウトのために受けた6日のPCR検査で陽性が判明。ウイ …続き (7日 20:36)

3場所出場停止となった阿炎=共同

 日本相撲協会は6日、東京都墨田区の両国国技館で理事会を開き、新型コロナウイルス感染対策ガイドラインに違反して接待を伴う店で会食した東前頭5枚目の阿炎(26)=本名堀切洸助、埼玉県出身、錣山部屋=を出 …続き (6日 23:45)

 日本相撲協会は6日の理事会で、大相撲秋場所(9月13日初日・両国国技館)前後の日程を決め、新型コロナウイルスの影響により、横綱審議委員会による場所前の稽古総見は中止となった。秋場所後恒例の明治神宮土 …続き (6日 22:26)

ハイライト・スポーツ

[PR]