/

クレルモン松島「W杯で自信」 世界屈指の仏リーグに挑戦

ラグビーのフランス1部リーグ、クレルモンに移籍した27歳のバックス松島幸太朗が14日からチーム練習に合流し、本格始動した。昨年のワールドカップ(W杯)で日本代表の8強入りに貢献した立役者は、世界屈指のレベルを誇るプロリーグへの挑戦に「W杯で自信が付いたことがフランスに来る後押しになった。チームが勝つ手助けをしたい」と胸を高鳴らせている。

新型コロナウイルスの感染拡大で、フランス入りは予定より3週間遅れとなった。現地での注目度は高く、12日の入団会見は翌日の現地ラグビー専門紙の1面を飾った。渡仏前は十分なトレーニングが積めておらず「精神的な準備はできているが、体力は心配」と話す。今後は8月下旬の練習試合に照準を合わせて調整を図る。

チームが本拠を置くフランス中部のクレルモンフェランは火山に囲まれ、街には荘厳な建物が並ぶ。タイヤ大手ミシュランのお膝元で、支援を受けるチームは1部で2009~10年シーズンと16~17年シーズンを制覇。近年も優勝争いに絡む強豪で、フランス代表歴があるハーフ団やフィジー代表のFWヤトら実力者がそろう。

松島の本職のFBはサモア代表ナナイウィリアムズも所属しており「WTBでもCTBでも問題なく適応できる」と、ポジションにこだわらず出場に意欲を示す。首脳陣は「シーズンは長く、複数ポジションこなせることは重要」と期待を寄せる。仏リーグは当たりが激しいことで知られるが「自分のスピードを生かした技術を出したい」。持ち前の鋭いステップで実力発揮を狙う。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン