/

久保建・堂安に主軸の自覚 サッカーU22代表に合流

サッカー男子の東京五輪世代に当たるU-22(22歳以下)日本代表は13日、国際親善試合のコロンビア戦(17日・エディオンスタジアム広島)に向けた広島市内での合宿3日目の練習を行い、久保建(マジョルカ)や堂安(PSVアイントホーフェン)も合流して全選手が汗を流した。

コロンビア戦に向け調整する、U-22日本代表の(左から)三好、久保建、堂安(13日、広島市)=共同

既にフル代表で活躍する2人からは、チームを引っ張る自覚がにじみ出た。久保建は18歳の若さながら「言いたくないことも言い合えるのが強いチーム。お互いに遠慮せずにやれたらいい」と堂々たる口ぶり。堂安は宿舎に到着した12日の夜、食事会場で全員を前にして「本気で優勝を狙っている」と五輪の目標を宣言したという。

スペイン1部リーグで初ゴールを挙げた久保建と、この年代の先頭を走る堂安。右肩上がりの成長を遂げる主軸の姿には、金メダルも夢ではないと思わせる期待感がある。周囲の選手たちも触発されたように動きに鋭さを増し、練習は一気に活気づいた。

ベストメンバーが集まった国内初戦。久保建は「選ばれたことに誇りと責任を感じながらやる。見に来てくれる人たちにいいサッカーを見せないと、期待してもらえない」と気合十分に話した。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン