/

巨人と日本ハム、2対2のトレード 吉川光・藤岡ら

巨人の吉川光夫投手(31)、宇佐見真吾捕手(26)と日本ハムの藤岡貴裕投手(29)、鍵谷陽平投手(28)の2対2のトレードが26日、両球団から発表された。救援陣の強化が急務の巨人と、先発ができる投手と捕手の補強を狙った日本ハムの思惑が一致した。

吉川光は日本ハムで2012年にパ・リーグ最優秀選手(MVP)に輝き、16年オフにトレードで巨人に移籍し3年ぶりの古巣復帰となる。先発と救援をこなし今季は9試合で防御率9.95。日本ハムの栗山英樹監督は「戻ってくるという感覚はない。長いイニングを投げられる」と期待した。プロ4年目の宇佐見は強打の左打者としても期待される。

藤岡は東洋大から12年にドラフト1位でロッテに入団し、18年途中に日本ハムにトレードで移籍。通算166試合で21勝32敗、防御率4.16で、今季は2試合で防御率15.00だった。鍵谷は今季は18試合で防御率5.94。原辰徳監督はともに中継ぎで起用する方針で「いいものを出せるようにしたい」と話した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン