/

西武・森、4000万円減で更改 打撃「つくり直す」

西武の森友哉捕手が9日、埼玉県所沢市の球団事務所で契約更改交渉に臨み、4千万円減の年俸1億6千万円でサインした。今季は打率2割5分1厘、9本塁打、38打点と不振で「本当に何もうまくいかなかった。来年頑張らんとあかんなって感じ」と力なく話した。

契約更改交渉を終え、来季の目標を記した色紙を手にする西武・森(9日、埼玉県所沢市の球団事務所)=代表撮影・共同

「形をなくして、もう一回つくり直そうかなと思っている」と、12月に入ってからは一度もバットを振っていないという。捕手の守備面についても「悪い部分を来年に持ち越さないためにいったんリセットする」と切り替えを強調した。

昨季は打率3割2分9厘、23本塁打、105打点の活躍でパ・リーグ最優秀選手(MVP)に輝いただけに「去年の数字ぐらいを目指してやる。来年は契約の日に笑っていられるようにしたい」と巻き返しを誓った。(金額は推定)〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン