サッカー

日本のサッカーW杯予選、6月の2試合延期

2020/4/1 20:44
保存
共有
印刷
その他

日本サッカー協会は1日、ワールドカップ(W杯)カタール大会アジア2次予選で、日本が予定していた6月4日のタジキスタン戦(ノエビアスタジアム神戸)、同9日のキルギス戦(大阪・パナソニックスタジアム吹田)の延期が決まったと発表した。新型コロナウイルスの感染拡大を受けたもの。代替日は未定。

東京五輪の延期に伴い、男子の五輪世代となるU-23(23歳以下)日本代表が予定していた7月17日の国際親善試合(ノエビアスタジアム神戸)は中止する。

日本代表と東京五輪代表を兼任する森保監督は日本協会を通じ「世界に拡大している新型コロナウイルスの感染状況を考えると、この決断は当然。どの時期に再開しても力を発揮できるよう、今できることに全力で取り組み、準備をしていきたい」とコメントした。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

サッカー 一覧

 アジア・サッカー連盟(AFC)は5日、新型コロナウイルスの影響で延期となったワールドカップ(W杯)カタール大会アジア2次予選を10月と11月に行う方針を示した。3月と6月の試合が対象で、国際サッカー …続き (1:20)

 【ロンドン=共同】新型コロナウイルスの影響で中断しているサッカーのイングランド・プレミアリーグは5日、再開後の一部日程を発表し、南野拓実が所属する首位のリバプールは21日(日本時間22日)のエバート …続き (5日 21:17)

 Jリーグは5日、オンラインで臨時理事会を開き、J1の最終節を当初の予定より2週間繰り下げて12月19日とすることを決めた。新型コロナウイルスの影響による中断から7月4日に再開する。6月27日に再開す …続き (5日 20:04)

ハイライト・スポーツ

[PR]