/

履正社は星稜と対戦 高校野球、交流試合の組み合わせ決定

8月に甲子園球場で開催される「2020年甲子園高校野球交流試合」の組み合わせ抽選会が8日、招待32校の主将によるオンラインで実施され、全16試合の対戦カードが決まった。8月15日の第4日の第1試合は、昨夏の全国選手権大会を制した履正社(大阪)と準優勝の星稜(石川)の顔合わせとなった。

交流試合は8月10~12日、15~17日の計6日間で、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止になった今春の第92回選抜大会の出場校に選ばれていた32校を招待し、各校が1試合ずつ行う。開幕試合は大分商―花咲徳栄(埼玉)に決まり、この2校で開会式を実施する。

昨秋の明治神宮大会を制した中京大中京(愛知)は智弁学園(奈良)と対戦。大阪桐蔭は東海大相模(神奈川)、明石商(兵庫)は桐生第一(群馬)、磐城(福島)は国士舘(東京)との顔合わせ。

組み合わせ抽選は都道府県高野連が独自に主催する代替大会の日程が考慮され、さらに同道府県・同地区内同士の対戦も避けられた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン