/

中田監督「限界突破を」 合宿中のバレー女子代表

バレーボール女子日本代表の中田久美監督が17日、合宿中の東京・味の素ナショナルトレーニングセンターでオンライン取材に応じ「メダルを獲得するためには、普通のことをやっていては難しい。世界に勝つための個人の武器の追求と、それに伴う限界の突破。可能性にチャレンジしてもらいたい」とテーマを掲げた。

オンライン取材に応じるバレーボール女子日本代表の中田久美監督(17日)=共同

チームは今月1日に同トレセンで始動した。5月1日に東京五輪テスト大会を兼ねて実施される親善試合で世界ランキング1位の中国と対戦。2019年ワールドカップ(W杯)後では初めての国際試合となる。中田監督は「世界のトップと戦って自分たちの課題をもう一回見つけ、その後の(国際大会の)ネーションズリーグ、強化合宿、五輪につなげたい」と話した。

昨季主将に就任した荒木絵里香(トヨタ車体)はチーム状態について「この夏の五輪に懸けるみんなの思いが高まった状態でスタートを切ることができた」と手応えを話した。〔共同〕

Tokyo Olympic and Paralympic 特設サイトはこちら

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン