/

日本シリーズ、勝利数で決着も コロナで続行不可能なら

日本野球機構(NPB)は4日、セ・リーグ優勝の巨人のホームゲームで21日から始まるSMBC日本シリーズを、京セラドーム大阪とパ・リーグ球団の本拠地球場で行うと発表した。

同時期に東京ドームで社会人野球の都市対抗大会が開催されるため、巨人のホームゲームは京セラドーム大阪でのナイターで行う。パ球団のホームゲームもナイターとなる見込み。延長戦は昨年に引き続き十二回までで、第8戦以降は決着がつくまで無制限で行われる。

出場資格を持つのは例年通り1チーム40人だが、新型コロナウイルスへの対応で特例を設けたレギュラーシーズン同様、ベンチ入りは1人増えて26人となる。コロナ禍で続行が不可能となった場合はその時点で勝利数の多いチームを優勝とし、勝ち星が並んだときは得失点で判断する。

京セラドーム大阪の試合のみチケット発売要項が発表され、先行抽選は一部で6日から受け付けられ、一般発売は16日に始まる。観客数は収容人数の50%を予定している。詳細はNPB公式サイトで。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン