2019年9月19日(木)
スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

貴公俊「堂々と」 新十両昇進で会見、貴乃花親方も同席

2018/1/31 18:28
保存
共有
印刷
その他

新十両に昇進し、記者会見する貴公俊。右は貴乃花親方(31日午後、両国国技館)=共同

新十両に昇進し、記者会見する貴公俊。右は貴乃花親方(31日午後、両国国技館)=共同

大相撲春場所(3月11日初日・エディオンアリーナ大阪)の番付編成会議が31日、東京・両国国技館で開かれ、貴公俊関(20)=本名上山剛、栃木県出身、貴乃花部屋=が、同部屋で弟の十両貴源治関に続いて新十両昇進を決め、史上初の双子関取が誕生した。国技館で記者会見した貴公俊関は「勝っても負けても堂々としたい。(弟と)一緒に頑張っていきたい」と初々しく話した。

顔がそっくりな貴源治関とともに2013年春場所で初土俵。昨年5月の夏場所で新十両に昇進した弟に先を越され「うれしさと悔しさがあった」と明かす。熱心に稽古に励む姿勢を変えず、四つ相撲に磨きをかけた。

会見に同席した貴乃花親方(元横綱)は、弟子を優しく見守り「双子だけど、相撲の取り口も含めて素質が違う。(貴)公俊はスタミナで取るタイプ。昔の横綱、大関は関取衆相手に何十番も1人で稽古できた。ああいう伝統を公俊はできるように」と期待を寄せた。

3代目若乃花と兄弟横綱になった師匠に指導を受ける貴公俊関。弟との歩みは大きな注目を集めそうで、「師匠みたいな力士になりたい。自然体でどっしり構え、いろいろな力士がきても負けない相撲を目指す」と力強く話した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

貴景勝(上)が突き落としで妙義龍を下す(19日、両国国技館)=共同

 大相撲秋場所12日目(19日・両国国技館)関脇貴景勝が平幕妙義龍を突き落として10勝目を挙げ、規定により1場所での大関復帰を決めた。平幕明生が敗れたため、2敗で単独トップに立った。

 大関豪栄道は竜電 …続き (19:59)

(東) (西)
隆勝X―X東龍
豊山0―0炎鵬
阿武0―1錦木
松鳳1―1明生
佐海1―0貴源
栃煌5―2琴勇
照強1―1石浦
剣翔0―0宝富
隠岐3―3輝 
翔鵬1―2琴恵
大栄2―7千大
玉鷲3―0朝山
正代4―2碧山
北富 …続き (18:19)

【東】
鶴竜    4勝4敗4休
高安    休場
栃ノ心   5勝7敗
御嶽海   9勝3敗
阿炎    7勝5敗
北勝富士  6勝6敗
逸ノ城   1勝4敗7休
大栄翔   5勝7敗
玉鷲    7勝5敗
千代大龍 …続き (18:19)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。