/

女子高校野球、甲子園で決勝開催 8月22日に

全国高校女子硬式野球連盟と全日本女子野球連盟は28日、今夏の第25回全国高校女子硬式野球選手権大会の決勝を、第103回全国高校野球選手権大会の準々決勝後の休養日に当たる8月22日に、甲子園球場で行うと発表した。

7月24日の開幕から8月1日の準決勝までは兵庫県丹波市の球場で実施する。41チームの参加を予定している。1997年に第1回大会が開催された。

全日本女子野球連盟の山田博子会長は「大きな一歩になる。甲子園を目指していた子が諦めなくていい。そこに立てなくて指導者になった女子の監督も立てるのは大変意義のあることだと思う」と説明した。

日本高野連の小倉好正事務局長は「お互いが今後、話し合いを持つことで、前向きに協力に向けて検討していくというのができれば。一つのスタートと捉えている」と話した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン