2019年4月21日(日)

その他スポーツ

五輪の競泳日程、序盤にメダル有望種目 7月25日から9日間

2018/9/12 23:24
保存
共有
印刷
その他

2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会が12日、五輪水泳の詳細な日程を発表し、競泳は序盤に日本のメダル有望種目を実施することになった。開会式翌日の7月25日から9日間行われ、初日に女子でアジア大会6冠の池江璃花子選手(ルネサンス)が最も得意とする女子100メートルバタフライや男女の400メートル個人メドレーなどの予選が争われる。

400メートル個人メドレーは7月26日午前が決勝で、男子の萩野公介選手(ブリヂストン)や瀬戸大也選手(ANA)、女子の大橋悠依選手(イトマン東進)らが日本競泳陣のメダル第1号となる可能性がある。

予選は午後7時から9時半まで、準決勝と決勝は午前10時半から午後0時半までの予定。200メートルまでの種目は予選、準決勝、決勝を3日間かけて実施。渡辺一平選手(早稲田大)が世界記録を持つ男子200メートル平泳ぎは28~30日、萩野、瀬戸両選手が表彰台を狙う男子200メートル個人メドレーは29~31日に行われる。

競泳の決勝時間は、大会組織委員会や国際水泳連盟が一般的な夕方から夜を希望していたが、巨額の放送権料を支払う米テレビ局の意向を反映する形で7月に午前開始で決着した。大会組織委員会の室伏広治スポーツディレクターは「その他の競技も多くあり、全体のバランスを考える必要があった。IOC(国際オリンピック委員会)や国際水連のアドバイスのもと午前決勝で決定した」と述べた。

アーティスティックスイミング(AS)のデュエットは8月3~5日、チームは7、8日に実施される。飛び込みは7月26日から8月8日まで。〔共同〕

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

その他スポーツ 一覧

 新体操のアジア選手権(6月・パタヤ=タイ)などの日本代表選考会最終日は21日、群馬県の高崎アリーナで個人総合後半のクラブとリボンが行われ、前半首位で迎えた18歳の柴山瑠莉子(イオン)が2種目ともトッ …続き (23:18)

BMXフリースタイル・パーク男子の決勝で、技を披露する2位の中村輪夢(21日、広島市)=共同

 自転車BMXフリースタイル・パークのワールドカップ(W杯)今季第1戦は21日、FISE(エクストリーム・スポーツ国際フェスティバル)シリーズ第1戦を兼ねて広島市で最終日の決勝が行われ、男子は17歳の …続き (23:01)

 バスケットボール男子のBリーグ1部(B1)は21日、富山市総合体育館などでレギュラーシーズン最終戦の7試合が行われ、中地区の富山は三遠に91―79で勝って32勝28敗とし、ワイルドカードでプレーオフ …続き (20:38)

ハイライト・スポーツ

[PR]