/

ロッテ荻野、国内FAせず残留 複数年契約で合意

ロッテの荻野貴司外野手(35)が、保有している国内フリーエージェント(FA)権を行使せずに残留することが2日、分かった。球団幹部が明らかにした。複数年契約で合意したとみられる。

11年目の今季は7月下旬に右太ももを痛めた影響で53試合の出場にとどまり、打率2割9分1厘、1本塁打、10打点で19盗塁だった。国内FA権は昨季取得し、1年契約していた。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン