/

広島・中村監督「大きな可能性」 WEリーグ参入へ決意示す

来年9月開幕の日本初のサッカー女子プロリーグ「WEリーグ」に、新設して参入するJ1広島の女子チームで初代監督を務める中村伸氏が23日、広島市内で記者会見に臨み「非常にうれしく思っている。大きな可能性を信じて取り組んでいきたい」と決意を示した。

J1広島の女子チーム監督に就任し、記者会見する中村伸氏(23日、広島市)=共同

46歳の中村監督は鳥栖を経てプレーした仙台で指導経験を積み、広島ではヘッドコーチなどを歴任。女子を教えるのは初めてだが「プレーはもちろん、人間性も含め、地域で女子サッカー選手の憧れの星になれるような取り組みをしていきたい」と意気込む。「高いレベルでトレーニングができる選手」を求め、既に入団が内定した選手もいるという。来年1月にはセレクションを行う。

チーム名やホームグラウンドは後日発表される予定。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン