/

鹿島のGK曽ケ端、天皇杯最多出場 通算60試合で釜本抜く

J1鹿島のGK曽ケ端準(38)が6日、カシマスタジアムで行われた天皇杯全日本選手権2回戦のホンダFC(静岡)戦に先発出場して大会の通算試合出場を60に伸ばし、単独1位となった。

曽ケ端は早大、ヤンマー(現C大阪)で59試合に出場した釜本邦茂と並んでいた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン