/

朝乃山、初場所に向け稽古 新師匠の指導の下

大相撲の大関朝乃山は9日、初のかど番で臨む初場所(来年1月10日初日・両国国技館)に向け、東京都墨田区の高砂部屋で四股やすり足で調整した。先代師匠の錦島親方(元大関朝潮)がこの日に日本相撲協会定年の65歳の誕生日を迎え、新師匠の高砂親方(元関脇朝赤龍)の指導の下で汗を流した。

26歳の朝乃山にとって、39歳の新師匠は兄弟子に当たる。「(入門した時は)テレビで見ていた人が目の前にいて、新鮮な感じだった。一緒に稽古をして、指導をしてもらった」と述懐。9日の稽古では自らが熱心に弟弟子に助言を送った。

高砂親方は「先代の師匠に指導していただいて、いろいろ学んだ。弟子たちに伝えていく」と意欲。朝乃山に対しては「もう一つ上の番付(横綱)がある。まずは稽古が一番」と期待を寄せた。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン