/

21年夏の甲子園、8月9日開幕 センバツは3月19日

(更新)

日本高野連は9日、大阪市内で来年の甲子園大会の運営委員会を開き、春の第93回選抜高校野球大会が3月19日、夏の第103回全国高校野球選手権大会を東京五輪閉幕の翌日となる8月9日を開幕日とする日程を決めたと発表した。新型コロナウイルスの収束が見通せず、今後の状況は不透明だが、準備を進めていくとしている。

選抜大会は準々決勝と準決勝翌日の休養日2日間を含む、13日間で実施。出場校は例年通り32校で、一般選考が28校、21世紀枠が3校、神宮大会枠が1校。地区別の内訳は、北海道1、東北2、関東・東京6、北信越2、東海2、近畿6、中国・四国5、九州4。

出場校を決める選考委員会は1月29日に、組み合わせ抽選会は3月12日に、いずれも毎日新聞大阪本社で行われる。日本高野連の小倉好正事務局長は、選抜大会の観客の入場について「今、政府が出している方針が変更される可能性がある。それを見ながら今後検討していく」と述べた。

全国選手権大会は休養日2日間を含み、16日間の開催。順調に日程を消化すれば、決勝は東京パラリンピックが開幕する8月24日に行われる。

コロナ禍で今年は春の選抜大会、夏の全国選手権大会とその出場権を懸けた地方大会が中止となった。日本高野連は、選抜大会に選出されていた32校を8月に兵庫県西宮市の甲子園球場へ招待し、「2020年甲子園高校野球交流試合」を開催。原則無観客とするなど感染防止対策を徹底して全日程を消化し、今後への道筋をつけた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン